MENU

【生活・暮らし】格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホの購入を検討されている方がご参考いただければと思います。

質問があれば、気軽にコメントください。

 

ガラケーから格安スマホに変更し2年以上経過しました。

その間感じた格安スマホのメリットとデメリットを紹介します。

 

 

 

メリット

1. 月々の料金が安い

 通話をしなければ、月々の料金は¥2,000以下に抑えられます。

 通話ですが、LineやSkypeといったインターネットワーク回線を

 使用すれば問題ないかと思います。

 

 ちなみに私が使用しているのはIIJです。

 通話付で月々¥1800程度です。通話料は別です。

 

 

2. 大手三社の指定されたスマホを購入する必要がない

 私的な意見ですが、大手のものはオーバースペックなスマホばかりで、

 10万近くのスマホを購入しなければなりません。

 しかし、格安スマホであれば、そういった制約に縛られる心配はなく、

 2,3万程度の手ごろなスマホを購入できます。

 

3. 料金体系が解りやすい

 大手のものは訳が解らんプランがいくつもあり、

 複雑怪奇で非常に分かりにくいです。

 しかし、格安スマホ系のものであれば、

 料金体系は非常にシンプルで解りやすいです。

 

 

4. 年数縛りが短い

 大手のものは2年縛りを継続的に行いますが、格安スマホ系のものは、

 2年以上経過したものは解約手数料をとられません。

 早いものですと、6ケ月使用すれば、解約料がかからないものもあります。

 

 

デメリット

1. 通話料金が高い

 格安スマホは電話回線の通話料金が高いです。

 30秒で¥20もかかります。

 電話回線で通話を頻繁に利用するのであれば、勧められません。

 

 

2. サービスショップが少ない

 大手3社であれば、所々にショップがあります。

 しかし、格安スマホでは店舗は東京といった大都市にしか存在しません。

 トラブルがあった時に気軽に店に行きにくい恐れがあります。

 

 店に行かず、手続きなどを行うこともできますがインターネットで行います。

 

 

3. 初期設定などは自分で行う必要がある

 ショップに任せきりの方、電子機器に疎い人は難ありです。

 

 

 

イーブン

ここでは一概にメリット、デメリットの判断がつきかねるものを紹介します。

 

1. キャリアメールアドレスが使用できない

 個人的にそこまで、デメリットとは言えないです。

 大学生以上であれば、フリーメールを取得し、

 それを使用すれば良いだけです。加えて

 

 キャリアメールですが、利用することで月に¥300(税別)掛かります。

 メールするだけでなぜにそこまでかかるのかと疑問があります。( ̄▽ ̄;)

 

 

2. 通信速度

 インターネットで調べた限りでは、大手と比較すると遅いとのことですが、

 私はそれほどストレスを感じませんでした。

 あまり動画を観ないからかもしれませんが、

 インターネットでの検索、Lineなどの通話は特に問題なかったです。

 家で見るのあれば、wifi回線を使用して代用することもできます。

 

3. 通信(パケット)量

 格安スマホでは1ヶ月に3GB程度が主流で少ないと意見がありますが、

 これも動画を頻繁に見なければ、3GBもかかりません。

 大手は7GB以上などあるとのことですが、その分料金も割高になります。

 そこまでパケットを使用したいのであれば、wifiでの使用を推奨します。

 

 

まとめ(格安スマホをお勧めできる人)

1. 電話回線の通話をあまり使用しない

2. 電子機器の扱いに抵抗がなく、PC機器に知識がある

3. 取扱いショップがと遠くない場所に住んでいる、もしくは、

 インターネット上での購入、手続きに抵抗がない

4. 外で動画をあまり観ず、自宅などではWi-Fi(無線LAN)を行う

5. スペック、メーカーにこだわりがない