MENU

【生活・暮らし】感情とストレスのコントロールの実体験

ツイッターにて質問コーナーを設けています。

 

 

 

頂いた質問でこんなものが、

 

 

めちゃくちゃ感情が表に出ちゃうんですけど、

これって良い時と悪い時がありますよね。。。直したい。。。

 

 

 

結構真面目な質問であり、

2,3行で回答できるものでもないので、

ここで書かせていただきます。

 

 

 

私生活では良いかもしれませんが、

会社生活では宜しくないですね。

 

 

社内ならまだしも社外であれば、

致命的とも言えます。

営業職などには向かないかと。

 

 

後、感情の起伏が激しいやつ

すなわち幼稚思われるので、

社会人以降はデメリットの方が大きいです。

 

 

 

 

 

直す方法

感情もといストレスを

うまくコントロールことが大切かなと。

でもこういうのって

一朝一石で直せるものではないので、

ある程度の訓練が必要になります。

 

 

ストレスを溜めない

 

ストレスを溜めていると感情が

表に出やすくなります。

 

入浴、運動、掃除、寝るや

誰かに愚痴る(同じことは言わない)、

好きなことに打ち込む

など、

 

個人的には、

友達と会話などがお勧めです。

 

うまく発散するようにしましょう。

 

 

何事も一呼吸置く

急に反応せず、一呼吸おきましょう。

パニックにならなくて済むので、

そこもメリットです。

 

会話も相手の話を聞き終えてから、

話すようにしましょう。

 

 

 

PS(ホスファチジルセリン)でストレス耐性を強化

サプリメントの中にはストレス耐性を

強化してくれるものもあります。

 

 

 

実際私が服用しているものです。

OneLife ホスファチジルセリン PS 100mg サプリメント(30日分)

OneLife ホスファチジルセリン PS 100mg サプリメント(30日分)

 

大豆が主成分のものですので安全ですが、

容量はきちんと守りましょう。

 

具体的な症例

PS(ホスファチジルセリン) 脳機能改善、ストレス対策素材 | 健康食品 原料 | 日油株式会社 健康専科

 

学術的論拠

https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9509/9509_tokushu_6.pdf

http://www.lipamin-ps.com/upd/file/sport_ps.pdf

 

ネットで調べるといろいろと出てきます。

興味があれば是非。

 

 

¥2,000もしないので、

悩んでいるのであれば、お勧めです。

というのも、ただ飲めば良いだけなので。

 

 

なんでこれを露骨に勧めるかですが、

私も1か月弱服用しており、

結構変わったからです。

 

 

ストレスを感じにくくなったのと、

生活にメリハリはつくようになりました。

 

 

他にも掃除をするようになったなど、

挙げるときりがないですがここでは割愛します。

ストレスを感じにくくなった要因ですが、

素直に辛い時に涙がでるように

なったからでしょうかなと。

人前では泣いていません。

 

 

この手の問題って、

自分自身で解決するのって

困難なんですよね。

 

そんな訳で熱弁を

振るわせていただきました。