MENU

【仕事・ソフトウエア】出社帰社時のWeb打刻を100%ミスなく行う方法

働き方改革もあり、出社時と退勤時に

Web打刻を行う方多いかと思います。

 

 

でもこのWeb打刻ついつい忘れてしまう方、

多いのではないでしょうか?

 

 

また、それに気を取られて日々の

仕事が疎かになってしまう人もいるかもしれません。

 

 

そんな方へ100%Web打刻を忘れない方法をお教えします。

 

 

料金もかけず、フリーソフトも使わず、 

WindowsとChromeの機能を使用します。

Macの方はごめんなさい(;^_^A

 

 

 

 

 

1, バッチファイルを作成

 

まず「メモ帳」を開きます。

 

f:id:gannzu:20190921104217p:plain

 

と入力します。

""内にWeb打刻を行うアドレスを入れてください。

 

次に保存です。

 

ファイルの種類を「すべてのファイル」に変更し、

ファイル名を「Web打刻.bat」で保存してください。

f:id:gannzu:20190921104656p:plain

 

このようなアイコンのファイルが作成されます。

f:id:gannzu:20190921104924p:plain

 

このファイルをバッチファイルと言います。

 

クリックすると指定したWebサイトが開くことを確認できます。

 

一度試してみてください。

 

 

2. スタートアップへの登録

スタートアップの登録機能ですが、

Windowsを立ち上げたときに、

自動的にアプリケーションソフトを

起動させるWindowsの機能です。

 

 

これでPCを起動した時に自動で

Web打刻を行うサイトを開くようにします。

 

ウィンドウズマークを右クリックで

「ファイル名を指定して実行」を選択

f:id:gannzu:20190604201355p:plain

 

 

 「shell:Common Startup」と入力しOKボタンを選択

f:id:gannzu:20190604201442p:plain

 

すると、フォルダが開きます、

このフォルダに先ほどのバッチファイルをコピーします。

 

f:id:gannzu:20190921105933p:plain

 

 

f:id:gannzu:20190921110115p:plain

 

 

これで、スタートアップの登録は完了です。

この後でPCを起動すると指定のサイトが

自動で開くことが確認できるかと思います。

 

サイトを開かないようにするなら、

フォルダのバッチファイルは削除してください。

 

 

3. タスクスケジューラーの登録

前項にて出社時にWeb打刻を行うサイトを

開くように設定したので、

次は帰社時にWeb打刻を行う設定を行います。

 

 

タスクスケジューラーですが、

「決められた時間または一定間隔でプログラムやスクリプトを実行する機能」

です。

 

タスクスケジューラーを開く方法

 

ウィンドウズマークを右クリックで

「ファイル名を指定して実行」を選択

f:id:gannzu:20190604201355p:plain

 

「Taskschd.msc」と入力しOKボタンを選択

f:id:gannzu:20190921111100p:plain

 

 

するとこんな画面が開きます。

f:id:gannzu:20190921111331p:plain

 

 

「タスクスケジュールライブラリ」

を右クリックし、「タスクの作成」をクリックします。

f:id:gannzu:20190921111648p:plain

 

 

「全般」のタブが選択されていることを確認し、

名前の箇所に「Web打刻」と記入し、

「最上位の特権で実行する」を選択してください。

 

f:id:gannzu:20190921114146p:plain



 

 

次に「トリガー」のタブを選択し、

「新規」のボタンをクリックします。

f:id:gannzu:20190921112259p:plain

 

 

「毎日」を選択し、

時刻を帰社時間(今回では19時としています)に設定し、

OKボタンを押してください。

f:id:gannzu:20190921112617p:plain

 

最後に、「操作」のタブに移り、

「新規」のボタンをクリックします。

f:id:gannzu:20190921112926p:plain

 

「参照」をクリックしてください。

f:id:gannzu:20190921113037p:plain

 

先ほどスタートアップに登録した

 バッチファイルを選択してください。

f:id:gannzu:20190921105933p:plain



もしくは、最初に作成したバッチファイルでも構いません。

※ファイルは移動させないようにしてください。

f:id:gannzu:20190921104924p:plain

 

このようにプログラム/スクリプト箇所に

バッチファイルが登録されたことを確認し、

OKボタンをクリックしてください。

f:id:gannzu:20190921113250p:plain



これで完了です。

開かれている画面にOKボタンをクリックし、

タスクスケジューラーの画面を閉じてください。

 

これで、PC起動と帰社時間時に

自動でWeb打刻のサイトが開くようになりました。

サイトが自動で開くので、忘れようがなくなります。